採ガス井のある町

長万部で現役の油井を見学させていただいたあと
以前は油井で、現在は採ガス井として稼動している場所を案内していただいた


f0164826_23192456.jpg

地上から伸びるパイプには天然ガスと温泉が流れている


f0164826_23294350.jpg

こちらは新鋭の採ガス井
パイプはすぐにタンクへとつながり
ここで天然ガスと、温泉に分離される


f0164826_23454762.jpg

天然ガスプラントのクリスマスツリーだけがプラントではない
このちっちゃなプラントでも長万部町民の生活を支えている
頼もしいプラントなのだ


f0164826_23581935.jpg

天然ガスといっしょに温泉も♪温度はちょっと熱めだけど適温♪
こちらの温泉も水質検査を経て
近くにある東京理科大学・長万部キャンパスの寮に供給されている

うぅ、大学の寮は温泉完備ですか?うらやましい....(笑


現在、北海道では長万部町だけ公営ガス会社がガスを供給している
ここで採集された天然ガスはコンプレッサで圧縮され
パイプラインを伝って別の場所にある貯蓄タンクへ
そしてLPガスと混合されて町内へ供給されている



撮影:2010.05.17 北海道長万部町
OLYMPUS OM-2S(SPOT/PROGRAM) + ZUIKO AUTO-W 28mm F2
FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400 + FUJICOLOR CD より Photoshop CS にてリサイズ


※注意※
採ガス井は関係者以外、立入禁止です

今回は特別な配慮をいただきまして、関係者同行のもと撮影いたしました
なお、こちらの施設も敷地外からの撮影は一部可能です

[PR]
by sabi-camera | 2010-05-25 23:58 | 首長竜の黄昏・油分補給
<< お湯が湧く町 油井のある町 >>