廃バスの想い

昨日に引き続き廃バスネタを....
なぜバスネタが続いているかといえば、お師匠さまの日記に影響されたから

ちょっと古く、今年頭に撮影したものですがアップいたします



f0164826_228181.jpg

敷地の端に寂しそうに放置されたバス達

ここは岩手県一関市
JR一ノ関駅から南に位置する
岩手県交通・一関営業所

その営業所の片隅に放置されていた


f0164826_22383950.jpg

この顔つきから「オバQ」と呼ばれていたそうだ
正式には いすゞ BU15P というバス


f0164826_22475686.jpg

その「オバQ」の車内にて撮影


f0164826_2250114.jpg

こちらは名車 いすゞ BU04


f0164826_2253323.jpg

フロントに吊るされたチェーンが、この車体の呪縛のようだ


f0164826_2257415.jpg

こちらはまた別のバス
乗降ドアが外されて、車内に無造作に置かれていた


f0164826_231566.jpg

バス停たちの井戸端会議
どんな話をしているのだろう?


撮影:2008.01.05 岩手県一関市
"ELEVEN" ( FUJIFILM FinePix F11 + FUJINON 8-24mm F2.8-5 )
Photoshop CS にてリサイズ



さて、何故に今頃、こんな古い写真、それもデジタルの写真を出してきたかというと....
今日、実は廃バスたちをフィルムに納めようと一関へ向った
そして、岩手県交通・一関営業所に到着してオイラは愕然としたのだ

なぜなら、そこに居たはず廃バスたちは1台も残らず姿を消していた
オイラはすぐに営業所のスタッフに聞き取りをすると、2ヶ月ほどに前に
すべての廃バスたちが解体されてしまったという

偶然にも今年の1月に撮影しておいて良かった....

やはり、いつ何時も
撮れる時に撮れ
である

_| ̄|〇
[PR]
by sabi-camera | 2008-05-27 23:26 | sabisabi BOX "sabix"
<< 石巻、誇れる空間 拾い食いでドボン >>