<   2010年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

酔いどれどんたくないと

実に4年ぶりの博多
それも滞在するのは今回が初めてだったりする

今宵は現地で合流した某H氏にお誘いいただいて
某B氏がオススメする「炊き餃子」に舌鼓
美味しい餃子のおかげでビールがすすむ♪

宿に戻る前、ほろ酔い気分で、町をちょっとだけ歩いてみた


f0164826_2148035.jpg

新幹線のホームを下から眺める


f0164826_21481261.jpg

博多駅、ガード下


f0164826_21482138.jpg

し~ん~か~ん~せ~ん~


f0164826_21483034.jpg

現代彫刻


f0164826_21483933.jpg

夜の定番

....でも、お腹一杯でチャレンジできず
_| ̄|〇



撮影:2010.05.31 福岡県福岡市 博多駅界隈
"ELEVEN" ( FUJIFILM FinePix F11 + FUJINON ZOOM LENS 8-24mm F2.8-5 ) F-B&Wモード
[PR]
by sabi-camera | 2010-05-31 21:59 | いっそ、きうしう

卑怯者と呼ばれて 2

秘境駅の滞在時間は23分
もちろん駅前?など存在せず、海の方に向って小径が続くだけ....
ちょっと行けば海岸や岩屋洞窟があるそうだが
さすがに行っている時間は無い

なのでホームに近いところで、何かないか?と探索してみた


f0164826_0412118.jpg

なんでもないところに、なぜか万力
いったい何に使っていたのだろう?


f0164826_0473628.jpg

とにかく何もない秘境駅

だからこそ、サビに反応してシャッターを切ってしまった
_| ̄|〇


f0164826_1143895.jpg

下り線ホームから
沢筋をほんの少しだけ登ってみると....
なんだかアヤシイものが....


f0164826_117297.jpg

何かの基盤のようだ

想像するに
蒸気機関車全盛時代、礼文華山トンネルの送風装置の配電施設ではなかっただろうか


f0164826_12405.jpg

すでに朽ち果てて



撮影:2010.05.17 北海道豊浦町 室蘭本線・小幌駅
OLYMPUS OM-2S(SPOT/PROGRAM) + ZUIKO AUTO-W 28mm F2 + ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5
FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400 + FUJICOLOR CD より Photoshop CS にてリサイズ
[PR]
by sabi-camera | 2010-05-31 01:44 | 錆と鉄道

卑怯者と呼ばれて 1

以前、デジタルでアップした室蘭本線・小幌駅
僅か23分の滞在時間ながら、当然!フィルムでも撮影する


f0164826_1513636.jpg

今は使われていない、退避線に立って室蘭方面を望む

上り線のホームは簡素な造りだ


f0164826_158488.jpg

当然、跨線橋などなく、レールの上を渡って
反対側ホームへ

列車が近付けば、遮断機が下りる


f0164826_271235.jpg

まさに谷筋にぽつりとある駅


f0164826_2124366.jpg

木製電信柱がいまなお現役


f0164826_2245336.jpg

下り列車はたったの3本
これを逃すと2時間半はここに居なければならない



撮影:2010.05.17 北海道豊浦町 室蘭本線・小幌駅
OLYMPUS OM-2S(SPOT/PROGRAM) + ZUIKO AUTO-W 28mm F2 + ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5
FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400 + FUJICOLOR CD より Photoshop CS にてリサイズ
[PR]
by sabi-camera | 2010-05-30 02:51 | 錆と鉄道

お湯が湧く町

油井と採ガス井を案内していただいたあと
ついでにと、長万部温泉の源泉をも案内していただいた


f0164826_2175618.jpg

こちらは源泉云々というよりも....
まわりにあるタラの芽が気になってしまって....(ばく

来年は天ぷらセットを持って襲撃しよう♪


f0164826_2203754.jpg

パイプにそっと手を当ててみると、ちょっと熱いくらい
ときおり、ボゴボゴと音をたて地下からの贈り物が流れていく



撮影:2010.05.17 北海道長万部町
OLYMPUS OM-2S(SPOT/PROGRAM) + ZUIKO AUTO-W 28mm F2
FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400 + FUJICOLOR CD より Photoshop CS にてリサイズ



最後にお忙しい中、各所を案内、解説していただいた某機関のHさんには大変お世話になりました
本当にありがとうございました m(_ _)m
おかげさまで、また長万部へ行きたいという気持ちで一杯になっております
[PR]
by sabi-camera | 2010-05-28 02:49 | ほっかいどうでしょう♪

採ガス井のある町

長万部で現役の油井を見学させていただいたあと
以前は油井で、現在は採ガス井として稼動している場所を案内していただいた


f0164826_23192456.jpg

地上から伸びるパイプには天然ガスと温泉が流れている


f0164826_23294350.jpg

こちらは新鋭の採ガス井
パイプはすぐにタンクへとつながり
ここで天然ガスと、温泉に分離される


f0164826_23454762.jpg

天然ガスプラントのクリスマスツリーだけがプラントではない
このちっちゃなプラントでも長万部町民の生活を支えている
頼もしいプラントなのだ


f0164826_23581935.jpg

天然ガスといっしょに温泉も♪温度はちょっと熱めだけど適温♪
こちらの温泉も水質検査を経て
近くにある東京理科大学・長万部キャンパスの寮に供給されている

うぅ、大学の寮は温泉完備ですか?うらやましい....(笑


現在、北海道では長万部町だけ公営ガス会社がガスを供給している
ここで採集された天然ガスはコンプレッサで圧縮され
パイプラインを伝って別の場所にある貯蓄タンクへ
そしてLPガスと混合されて町内へ供給されている



撮影:2010.05.17 北海道長万部町
OLYMPUS OM-2S(SPOT/PROGRAM) + ZUIKO AUTO-W 28mm F2
FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400 + FUJICOLOR CD より Photoshop CS にてリサイズ


※注意※
採ガス井は関係者以外、立入禁止です

今回は特別な配慮をいただきまして、関係者同行のもと撮影いたしました
なお、こちらの施設も敷地外からの撮影は一部可能です

[PR]
by sabi-camera | 2010-05-25 23:58 | 首長竜の黄昏・油分補給

油井のある町

今回の北帰で、ひとつ目的にしていたのが
長万部でかなやの「かにチャーハン」を食べるというコト(笑
以前、食して以来どーしてももう一度食べてみたいと思っていた絶品チャーハン♪

そんな話をしていたらお師匠さまから面白い話を聞かされた
どうやら長万部にリグ式ポンプで原油を汲み上げる油井があるらしい

リグ式ポンプというと....ちょうどキリンが頭(首)を上下に振るような動きのポンプ
アメリカ映画でも出てくるようなものだ

せっかくなので、リグ式ポンプ探しも兼ねて長万部町へ


到着して、さっそく駅前のかなやの食堂で念願の「かにチャーハン」を食す
画像はありませんが、ボリュームたっぷりのチャーハンには蟹身もたっぷり
それでいてお値段は650円(当時)とお値打ち価格♪オススメです♪♪♪
(その後、デザートで合田の「もりそば」を食べたのはナイショのハナシだ)

お腹を満たしてから、さっそく探索開始!
とは言っても、広い町内をくまなく走って探すなんてのは効率が悪い....
なので聞き込み調査をしてみる

しかし、結論からして過去にもリグ式ポンプは存在していない....とのコト
でも、せっかく調べてに来たついでに、今も現役の油井を見に行ってみた


f0164826_23183967.jpg

室蘭本線沿いにある現役の油井
ポンプ施設がないので原油が自噴しているようだ

後に見える青いタンクは現在使用されていない


f0164826_23235098.jpg

井戸を掘るときに組まれた櫓跡だろうか?


f0164826_23305954.jpg

今は使われていないタンク
その根元には抜き取り用のバルブがある
ここには原油が染み付いていて独特の臭いを発していた


f0164826_23332216.jpg

こちらは現役のタンク
定期的にタンクローリーがやってきて原油を回収していく
もちろん原油は売却し長万部町の会計に組み込まれている

ちなみに画像に写る黄色い札のようなものがゲージの役割を果す
いまはタンクの半分程度、たまっているようだ



撮影:2010.05.17 北海道長万部町
OLYMPUS OM-2S(SPOT/PROGRAM) + ZUIKO AUTO-W 28mm F2
FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400 + FUJICOLOR CD より Photoshop CS にてリサイズ


※注意※
油井は関係者以外、立入禁止です

今回は特別な配慮をいただきまして、関係者同行のもと撮影いたしました
なお、敷地外からの撮影は可能です

[PR]
by sabi-camera | 2010-05-24 23:58 | 首長竜の黄昏・油分補給

鉱山病でセキが出る

北海道上陸4日目
前日夕方に札幌を発ち、途中の上厚内駅で夜遊び♪
その後も移動を続け、道の駅「しらぬか恋問」で車中泊

この日は釧路港で塩分補給、そして某市場でT商店のイクラを買ってイクラ丼が朝食

さて、この後はさらに東に向うとして....
ふと頭を過ぎったのが、太平洋石炭販売輸送の専用線
とりあえず、路線脇まで移動してみる

でも、運行時間が判らないので、時間配分ができないし....
と思っていたら、ちょうど保線作業をしていた方がいらっしゃったので
話をうかがってみたら「あと20分ぐらいでやってくるよ」とのコト
ならば準備をして撮影しましょう♪


f0164826_12192623.jpg

するとやってきました♪
DE601を先頭に石炭を満載にした貨物列車


f0164826_1225542.jpg

石炭を積載した貨車が機関車に続く
ここの貨車は2両ごとに3つの台車(普通は1両に2つの台車)という珍しいもの


f0164826_12283052.jpg

編成の最後尾はD801が後押しをする


f0164826_12363713.jpg

こちらはオマケ
DE601のスカート部分を拡大してみると....
あれ?これはお茶目だコト(笑

(画像編集しているときに気が付きました)



撮影:2010.05.14 北海道釧路市 太平洋石炭販売輸送・臨港線
CANON EOS 20D + EF 17-40mm F4L + EF 100-400mm F4.5-5.6L


※タイトルはお師匠さまのコメントをパクリました
[PR]
by sabi-camera | 2010-05-22 23:58 | 錆と鉄道

イベントのお知らせ

f0164826_21505825.jpg



本日の某新聞(某地区版)で既報のとおり
今週末23日に丘珠空港ビル創立20周年記念イベントが行われます

既に締め切られたものもありますが

産直市やロビーコンサート、航空教室などもありますので
お暇な方は是非とも札幌丘珠空港へお出かけくださいませ m(_ _)m



イベントに関して詳しくは<こちら
丘珠空港ビルホームページは<こちら
[PR]
by sabi-camera | 2010-05-21 21:55 | がんばれ!丘珠空港

なごり桜

5月下旬
それでもまだまだ桜が咲いているようで
それを求めて車を走らせた

f0164826_2118414.jpg


山桜が見事な花びらの絨毯を用意していてくれた
そして遠くに海と金華山

あまり桜の写真を撮らないけれど、ついつい車を止めて
じっくりとシャッターを切った



撮影:2010.05.21 宮城県旧牡鹿町(現石巻市)
CANON EOS 20D + EF 17-40mm F4L
[PR]
by sabi-camera | 2010-05-21 21:26 | いしのまきまき♪

秘境

今回の北海道の旅は愛車で走り回っていた
しかし車で移動しているにもかかわらず、何故か列車に乗るコトが....

この日も車を捨てて列車に乗り込み
その揺れを楽しんだ


そして目的地の駅が近付いてくる....

f0164826_0234323.jpg

ちょうど、トンネルとトンネルの間の僅かな空間にホームらしきものが


f0164826_0251491.jpg

オイラを降ろして長万部へ向う列車
一抹の不安が脳裏を過ぎる


f0164826_0262297.jpg

ディーゼルカーの排気ガスで黒く煤けてしまった駅名板


f0164826_0274021.jpg

駅全景(笑

非常にコンパクトにまとまった駅だ


f0164826_0301587.jpg

トンネル内から轟音が聞こえてきて
飛び出してきた特急「北斗」

一瞬で視界から消える


f0164826_0343914.jpg

この駅に来たい方は時刻表をよく見て
スケジュールを立てて欲しい

なにせ停車する列車は下り3本、上り5本の8本しかないから....



撮影:2010.05.17 北海道豊浦町 室蘭本線・小幌駅
CANON EOS 20D + EF 17-40mm F4L
[PR]
by sabi-camera | 2010-05-20 00:50 | 錆と鉄道